外野手編

外野手のグラブの特徴

スポンサードリンク


野球グラブを選ぶにあたり、やはりポジション別のグラブの違いの説明が必要ですよね!?

 

野球グラブを選ぶ時には、そのポジション別の特徴について知っておくことも大切です。

 

野球経験者であれば、ポジションごとに違ったグラブやミットを使っているのは知られていることですが、自分やお子さんが使用するグラブやミットであれば、どうして、そのようなグラブやミットが選ばれているのかを知ることで、
実際に選ぶ時の参考になるかと思います。

 

ここでは、外野手編として、外野手とオールランド用に必要なグラブに付いて見てみましょう。

 

外野手用

 

フライやライナーをしっかりと捕球できるようにポケットは深くなってます。サイズはどのポジションよりもグラブの中では最も大きいです、というより長いです。これは少しでも、飛んできたフライを逃さないためですね。また、外野ゴロをすくい取ってから素早く送球できるように軽量化されたものが良いです。

 

オールランド

 

少年野球や草野球では、色々なポジションを守ったりする事も多いので、このオールランドが重宝するかもしれません。どういったものがオールランドかというとピッチャー用のグラブに近いでしょうか。外野のグラブを短くした感じでもあります。ピッチャーをしない選手であれば、ネットの部分が十字であったりしてもかまいません。

 

 <気になる情報はココ↓をクリック!>